無料ホームページ ブログ(blog)
なつつかさAFO日記 最後のキャメロット
なつつかさAFO日記
AFOで起きたことや感じたことを書いていけたらラッキーだね。


PROFILE
なつつかさ
  • Author:なつつかさ
  • 夏司、なつつかさ、かし等の
    HNをもつヤサグレ者。
    AFOとアクスディアと聖闘士聖矢を
    こよなく愛する。

    ※当日記は(株)テラネッツ運営のTRPGの話題を中心です。
    尚、掲載されたOMC画像の使用権は私に、著作権は製作者の方々に、全ての権利は(株)テラネッツに帰属します。
    画像の改造行為、無断転載は禁止されています。

    ちなみにリンクフリーです。報告はどちらでも。
  • RSS


  • CALENDER
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 天分成長アイテム一覧(03/31)
  • のっ。(07/14)
  • 苦労話は自慢話(06/23)
  • そんなこんなで(06/07)
  • 時かけ(05/22)
  • あれこれ(04/16)
  • 思い出したこと。(03/24)
  • うわ~(03/18)
  • この感じ久しぶり(02/27)
  • ウッーウッーウマウマ(゚∀゚) (02/21)


  • RECENT COMMENTS
  • はるか(09/18)
  • なつつかさ(02/10)
  • フレイア(02/05)
  • 白辺アズミ(09/30)
  • (09/05)
  • なつつかさ(08/26)
  • (08/18)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 最新ブログをまとめて検索:<% rtrackback_title>(01/29)


  • ARCHIVES
  • 2009年03月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (2)
  • 2008年02月 (3)
  • 2008年01月 (4)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (3)
  • 2007年09月 (1)
  • 2006年08月 (1)
  • 2006年07月 (4)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (3)
  • 2006年03月 (5)
  • 2006年02月 (4)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (9)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (8)
  • 2005年08月 (4)
  • 2005年07月 (8)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (5)


  • CATEGORY
  • 未分類 (14)
  • AFO (78)
  • アクス (2)
  • バトン (20)


  • LINKS
  • テラネッツ
  • AsuraFantasyOnline
  • アクスディア
  • オーダーメイドCOM
  • 紅月旅団HP
  • 馬鹿猫の棲家
  • AFO徒然記
  • ブレンドリップ
  • Luke Era
  • ぱとりしあ・まんぼう
  • 1565戦記
  • Harem of Nine Sisters
  • 邪笑倶楽部或いは蒼天二刀流道場
  • ここのところ、こんな日々。
  • GET READY FOR THIS 
  • 深き森
  • 日々、叫び
  • newと★ら★ぶ★るAngel!


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    最後のキャメロット
    とりあえずアトランの話題はスルーで。

    今回はキットのことを書こうと思います。
    0680_wt05pcicon01_ea2307_0001.gif

    キットのイギリス最後の依頼の報告書も上がって現在は酒場で
    まったりモードのキット君ですが彼もそれなりに色々有りました。




    「【英雄】夢の彼方」(夢村MS)

    これが彼の最後の依頼です。
    内容としては、夢村MSありがとうございます。

    正しくこれしか言いようがないです。
    他の参加者から刺されでもしやしないかと思うほどの
    キットの動きっぷりは一PLとしては喝采を送りたいほどです。

    「約束、したからな。上がって来い。待っているぞ」
    (「【聖杯戦争】終章・戦争が生み出したもの」)
    その台詞でかちんと来て以来、夢中で追いかけてきたパーシ卿でしたが
    この度ちゃんとケリをつけることが出来ました。

    懸念されていた招かれざる客への対処は参加者の皆さんが
    頑張ってくれるという空気が相談版からヒシヒシ…、
    えーと、…キットは本当にやっていいんでしょうか?(滝汗
    でもずっと言ってきたしとにかくパーシヴァル卿にリベンジをしたいキットは
    ほぼ単独行動に近い形で戦闘方法などを書いたプレイングになりました。
    いや、一応対処も書いときましたよ。一応ね。

    で、パーシ卿の敏捷値が判らなかったので先手と後手の両方を書いておいたら
    なんと二度も戦えることに! しかも最後の戦いでは語り合うことも出来ました。


     * * *

    公現祭が終わり娘を教会に帰し、少年を保護者の下に返し、一人屋敷の庭で空を見上げるパーシを
    「もう一回勝負だ!」
     強い声が呼び戻した。
    「槍を取りに行っている暇は無い。これでもいいのならな‥‥」
     今、彼が携えているのは愛用の槍ではなく、外出、正装用の剣。キットは頷いて剣を構えた。
     相手の出方を待つ慣れない沈黙の後、踏み込んできたパーシの斬り込みをキットは素早いオフシフトとカウンターで返す。
     渾身の踏み込みは長剣に弾かれるが、槍のときよりはまだ打ち合いにできる。自分の思いを剣に乗せてキットは放った。
    「パーシ! 夢とは一体何だと思う?」
     高い鋼の音が言葉になって答える。
    「手に入れた時、現実になる幻! だが‥‥手に入ると信じていればいつか辿り着けるものだ」
    「なら、運命は?」
    「自らの手で切り開くもの。思い通りには決してならぬ女神。でも、味方に付けることは不可能ではない」
    「ならば、冒険者とは!」
     一際強く、早く、キットは双剣を返しクロスした剣でパーシの長剣を挟み込んだ。
    「未知を追い求める探求者、そして、自らが信じるを貫き守る勇者だ」
    「そうか‥‥カムシン!」
     口元を緩ませた後、キットは空に向けて声を上げた。主に答えるように鷹が舞い降りる。
    「何?」
     背後に意識を飛ばした一瞬に、キットは全てを賭けた。剣を押し留めていたクロスを解き、そのまま右手の短刀を投げつけ、左手の剣でパーシの刀を弾いて懐に潜り込む。
    「チェックだ!」
     喉元に突きつけられた剣と、首下から見上げる眼差し。見下ろしたパーシは剣を落とし、手を上げる。
    「降参だ。腕を上げたか?」
    「‥‥腕じゃあない。これは思いを示す戦いだ。生きている限り戦いだ。俺もお前も、生きるってことはこの世界に存在を主張し続ける事だ」
    「そうだな‥‥。命は全て、自らの存在の証をこの世に示す為に生きる。俺は王に仕え、騎士となり王と国、そしてこの知に生きる大切なものを守ることが証だ。だが、お前にはまだそんな生き方は早すぎるし、小さすぎる」


     * * *

    一本取っちまった!

    やべえ、絶対負けると思ってたのに…。
    色々な要素が重なり、それとサービスだったのかもしれませんが一本は一本です。
    素直に喜ばせてもらいましょう。やったぞ少年!

    さらにフランベルジュ+1とか貰って、しかも微妙に扱いづらいという罠。
    いや、有り難い事ですよ、はい。

    なんでこんなにパーシ卿と近づけたのか今もって謎ですが
    シリーズを通して良い経験になったと思います。

    そんなこんなでキットのイギリスでの仕事は幕を閉じました。
    いわゆる有終の美というやつを飾れたのではないでしょうか。

    これからキットがどこへ行くのか、私の中では大体固まってますが
    どこへ行ってもキットはこれまで通りにのらりくらり、でも
    芯に熱いものをもって生きていくんだと思います。

    ありがとうイギリス。ありがとうキャメロット。


    スポンサーサイト
    【2006/01/25 12:36】 AFO | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。