無料ホームページ ブログ(blog)
なつつかさAFO日記 もっと詳しく
なつつかさAFO日記
AFOで起きたことや感じたことを書いていけたらラッキーだね。


PROFILE
なつつかさ
  • Author:なつつかさ
  • 夏司、なつつかさ、かし等の
    HNをもつヤサグレ者。
    AFOとアクスディアと聖闘士聖矢を
    こよなく愛する。

    ※当日記は(株)テラネッツ運営のTRPGの話題を中心です。
    尚、掲載されたOMC画像の使用権は私に、著作権は製作者の方々に、全ての権利は(株)テラネッツに帰属します。
    画像の改造行為、無断転載は禁止されています。

    ちなみにリンクフリーです。報告はどちらでも。
  • RSS


  • CALENDER
    03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 天分成長アイテム一覧(03/31)
  • のっ。(07/14)
  • 苦労話は自慢話(06/23)
  • そんなこんなで(06/07)
  • 時かけ(05/22)
  • あれこれ(04/16)
  • 思い出したこと。(03/24)
  • うわ~(03/18)
  • この感じ久しぶり(02/27)
  • ウッーウッーウマウマ(゚∀゚) (02/21)


  • RECENT COMMENTS
  • はるか(09/18)
  • なつつかさ(02/10)
  • フレイア(02/05)
  • 白辺アズミ(09/30)
  • (09/05)
  • なつつかさ(08/26)
  • (08/18)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 最新ブログをまとめて検索:<% rtrackback_title>(01/29)


  • ARCHIVES
  • 2009年03月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (2)
  • 2008年02月 (3)
  • 2008年01月 (4)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (3)
  • 2007年09月 (1)
  • 2006年08月 (1)
  • 2006年07月 (4)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (3)
  • 2006年03月 (5)
  • 2006年02月 (4)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (9)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (8)
  • 2005年08月 (4)
  • 2005年07月 (8)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (5)


  • CATEGORY
  • 未分類 (14)
  • AFO (78)
  • アクス (2)
  • バトン (20)


  • LINKS
  • テラネッツ
  • AsuraFantasyOnline
  • アクスディア
  • オーダーメイドCOM
  • 紅月旅団HP
  • 馬鹿猫の棲家
  • AFO徒然記
  • ブレンドリップ
  • Luke Era
  • ぱとりしあ・まんぼう
  • 1565戦記
  • Harem of Nine Sisters
  • 邪笑倶楽部或いは蒼天二刀流道場
  • ここのところ、こんな日々。
  • GET READY FOR THIS 
  • 深き森
  • 日々、叫び
  • newと★ら★ぶ★るAngel!


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    もっと詳しく

    前の記事で紅茶MSと夢村MSの依頼を受ける回数がダントツ、と書きました。

    中盤から後半にかけてシリーズを受けていたので当然増える事は増えるのですが、
    実はそれ以前は取り立ててひいきにしているとか追いかけているとか
    そう言う意識はなかったのですよね。
    だから数え終わった後でも「ああ、そうなんだー」くらいにしか思いませんでした。

    確かに長くやっていくとレベル制限の関係上当然選ぶMSに制限が掛かるわけですが
    他にも高レベルを出せるMSはイギリスにもいるわけで。
    ではなぜこうなったかと考えてみました。




    紅茶MSは思うに、戦隊モノシリーズでは特に顕著なのですが、
    PCがいかにして活躍できるか、らしさがより出せるか、を
    考えてリプレイを書く人なのだと思います。
    プレイングに採用率は割と高めで、PCとPLは依頼を満足する形で楽しむ事ができます。
    私は経験ありませんがシチュエーションノベルに近い傾向だと思います。
    これはやってみると結構快感で、私もとても楽しませてもらいました。

    ただ、何をやっても許されてしまう、というような思い込みを助長して
    相談板が疎かになったりするのが、相談好きとしては悲しいところです。


    次に夢村MSですが、ひどく人の心を読ませる技巧に長けていると思います。
    これこれこういう人がいてこういうことが起きた訳には必ずこういうことがあって、
    というような、謎掛けとも少し違いますが、
    ただ「こいつは悪い奴だから倒してやろう」的な行動では
    その底に見え隠れする事実に到達できず後味の宜しくない結果になります。
    キットの参加したパーシ殿の一連の事件がまさしくそうで、
    他のMSのように策略謀略の限りを尽くした戦略戦とは一味違った、
    もっと人間味溢れる感情のやり取りに重きを置いた傾向であると言えます。

    それと自分勝手な単独行動はすぐに毒にやられます(笑
    仲間内での連携や結束重視しますので相談板も気を抜けない替わりに、
    プレイング以外の会話や人の繋がりにも気を配ってくれます。


    なんと言うか、やはり合致したのでしょうね。キットの性質と。
    キットは子供PCです。天分成長アイテムとかも苦心して集めたりもしましたが
    やはりファイターとしては限界があるのだと思いました。
    オーラや魔法を捨てて基本戦闘技能とCOに絞ってさえ、
    同レベルの魔法戦士系には勝っても純戦士には見劣りしてしまいます。

    そんな中、紅茶MSと夢村MSの存在はやはり大きく、
    キットがふてくされずに、依頼を受ける意欲を失わずにいられたのだと思います。

    そして私とキットのイギリス最後となる二つの依頼を
    両MSの依頼で締めくくれるという幸福に、多大なる感謝を。
    スポンサーサイト
    【2005/12/22 12:28】 AFO | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。